KeePassXC 2.3.0がリリース - KDBX 4.0やSSHエージェント統合、ブラウザプラグインの刷新など新機能多数

S 20180301 92549

KeePassXC開発プロジェクトのJanek Bevendorff氏は28日、パスワード管理アプリ「KeePassXC」の最新版v2.3.0をリリースしたことを発表しました。最高のセキュリティで保護された、クロスプラットフォームのパスワード管理ツールを提供するというプロジェクトのゴールに至る、大きなマイルストーンとして、多数の新機能や不具合の修正が行われたバージョンだと説明されています。

v2.3.0では、新しいデータベースフォーマットKDBX 4.0への対応や、鍵導出関数Argon2への対応によりセキュリティ面のさらなる強化が行われています。SSHエージェント機能の追加や、新しい入力画面のプレビューパネル、KeePassHTTPKeePassXC-Browserと呼ばれる新しいブラウザプラグインの追加などによる機能面での強化も図られています。

主な変更点は以下の通り:

  • Add support for KDBX 4.0, Argon2 and ChaCha20 [#148, #1179, #1230, #1494]
  • Add SSH Agent feature [#1098, #1450, #1463]
  • Add preview panel with details of the selected entry [#879, #1338]
  • Add more and configurable columns to entry table and allow copying of values by double click [#1305]
  • Add KeePassXC-Browser API as a replacement for KeePassHTTP [#608]
  • Deprecate KeePassHTTP [#1392]
  • Add support for Steam one-time passwords [#1206]
  • Add support for multiple Auto-Type sequences for a single entry [#1390]
  • Adjust YubiKey HMAC-SHA1 challenge-response key generation for KDBX 4.0 [#1060]
  • Replace qHttp with cURL for website icon downloads [#1460]
  • Remove lock file [#1231]
  • Add option to create backup file before saving [#1385]
  • Ask to save a generated password before closing the entry password generator [#1499]
  • Resolve placeholders recursively [#1078]
  • Add Auto-Type button to the toolbar [#1056]
  • Improve window focus handling for Auto-Type dialogs [#1204, #1490]
  • Auto-Type dialog and password generator can now be exited with ESC [#1252, #1412]
  • Add optional dark tray icon [#1154]

KeePassXCはKeePassXのフォーク版として開発が始められたオープンソースソフトで、オリジナル版より積極的に新機能が導入されるのが特徴です。公式サイトやりWindows/Mac/Linux用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

S icon タイトル KeePassXC
公式サイト https://keepassxc.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7557-kee-pass-xc
説明 KeePassXのフォーク版として開発されているパスワード管理アプリ。

スポンサーリンク