LibreOffice 5.3がリリース - Office風のリボンUIが利用可能に

S 20170202 104614

The Document Foundationは2月1日、オープンソースのオフィスソフト「LibreOffice」の最新版v5.3をリリースしました(公式ブログPhoronixgHacks)。LibreOfficeはWindows / Mac / Linuxに対応した無料オフィスソフトで、公式サイトより無料でダウンロードすることができます。

v5.3ではGTK3のサポートを初めとして、OpenTypeのレイアウトエンジンHarfBuzzを仕様した新しいテキストレイアウトエンジンの採用や、ヘルプの改善、MS Officeドキュメントのインポート・エクスポート機能の改良など、多くの新機能が追加されています。

また試験的な機能としてMS Officeのリボン風UIが導入されたのも特徴です。

Notebookbar

Notebookbarはツールバーの新しいレイアウトの一つで、MS OfficeのリボンUI風の見た目を実現しています。

S 20170202 110157

▲標準ツールバー。

S 20170202 110214

▲リボン風ツールバー。

機能を利用するには、設定を変更し「実験的な機能」を有効化する必要があります。

S 20170202 110541

▲まず「設定 > LibreOffice > 詳細」で「実験的な機能を有効にする」にチェックを入れ

S 20170202 110558

▲表示メニューで、Toolbar LayoutをNotebookbarに変更します。

リボンUIが好きな方は試してみるとよさそうです。

Pc タイトル LibreOffice
公式サイト http://www.libreoffice.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6448-libreoffice
説明 OpenOfficeの後継として開発中のオープンソースのオフィスソフト。

スポンサーリンク