LibreOffice 6.0 Betaが登場 - 正式版は2018年初頭にリリース予定

S 20171126 94601

オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」のメジャーバージョンアップ版v6.0のベータブランチがマスターブランチから分岐しています(Phoronix)。

LibreOffice 6.0のベータ版は現在、ソースコードの形式でのみ入手可能で、2018年初頭に計画されている正式版のリリースに向け、コードを洗練させていく作業が続きます。

LibreOffice 6.0の正式版では、Calcのマルチスレッド対応や、Qt5インターフェイスプラグイン、フリッカーフリーのOpenGLトランジション、Writerの新しいテーブルスタイル、スペルチェックの改良、Notoフォントのデフォルト化、OOXMLの改善など、多数の新機能の導入が計画されています。

今後RC版が今年の年末のクリスマス頃にリリースされ、来年1月にコードフリーズ、1月の後半から2月に6.0.0正式版の公開が予定されています。

Pc タイトル LibreOffice
公式サイト http://www.libreoffice.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6448-libreoffice
説明 OpenOfficeの後継として開発中のオープンソースのオフィスソフト。

スポンサーリンク