LibreOffice 6.0正式版がリリース - 新機能が大量に追加

S 20180201 84519

The Document Foundationは1月31日、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」の最新版v6.0をリリースしました(公式ブログPhoronixslashdot)。

LibreOffice 6.0はLibreOffice 5.xシリーズ登場後、2年半が経過してリリースされたメジャーバージョンアップ版となります。多数の新機能が追加されていて現在、公式サイトよりWindows / Linux / macOS用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

v6.0の新機能としては、Writerの標準準拠のPDFフォーム作成機能の追加や、試験的なノートブックバーの追加、その他さまざまなユーザーインターフェイスの改善、Impressのプレゼンテーションコンポーネントのデフォルトサイズの16:9への変更、ODFドキュメントに対するOpenPGPを使用した署名機能の追加、OOXMLの相互運用性の向上、LibreOffice Onlineの改良、さまざまなフィルタの改善などがあげられています。

またCalcのスレッド処理の改善や、フリッカーフリーなOpenGLトランジションの導入、Qt5対応作業の開始など内部的な改善も進められています。

新機能の一覧は以下の動画でも確認可能です。

Pc タイトル LibreOffice
公式サイト http://www.libreoffice.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6448-libreoffice
説明 OpenOfficeの後継として開発中のオープンソースのオフィスソフト。

スポンサーリンク