史上最強に美しい「LibreOffice 4.4」リリース

The Document Foundation Blog | The Document Foundation Blog

オープンソースのオフィスソフト「LibreOffice」の最新版「LibreOffice 4.4」がリリースされました(リリースノート公式ブログHacker News)。現在公式サイトより、Windows / Mac / Linux用のインストーラーや、ソースコードがダウンロードできます。

LibreOffice 4.4では「The Most Beautiful LibreOffice Ever」(これまでで最も美しいLibreOffice)と題し、UIに関する顕著な改善が行われているほか、OOXMLとの相互運用性が拡張、Coverity Scan analysisを利用したソースコードの品質改良も行われています。

UIの改良点に関しては上記の画像で図示されている通り、アイコンの変更や、ツールバー、ルーラー、ステータスバー、コンテキストメニュー、サイドバーなど多くのUIコンポーネントに磨きがかけられている様子。

また、その他改良点として以下の点も挙げられています。

  • Support of OpenGL transitions in Windows, and improved implementation based on the new OpenGL framework;
  • Digital signing of PDF files during the export process;
  • Installation of free fonts Carlito and Caladea to replace proprietary Microsoft C-Fonts Calibri and Cambria, to get rid of font related issues while opening OOXML files;
  • Addition of several new default templates, designed by volunteers;
  • Visual editing of Impress master pages, to remove unwanted elements, adding or hiding a level to the outline numbering, and toggling bullets on or off;
  • Better Track Changes – with new buttons in the Track Changes toolbar – and AutoCorrect features in Writer;
  • Improved import filters for Microsoft Visio, Microsoft Publisher and AbiWord files, and Microsoft Works spreadsheets;
  • New import filters for Adobe Pagemaker, MacDraw, MacDraw II and RagTime for Mac;
  • Greatly expanded support for media capabilities on each platform.

Document FoundationのMichael Meeks氏が「LibreOffice under the hood: progress to 4.4.0」と題したブログを公開し、LibreOffice 4.4の内部的な変更に関する説明も行っています。assertsやunit testが除々に増えている様子がグラフ化されおり、開発者の方にとってはこちらも興味深いものとなっているかもしれません。

スポンサーリンク