LightningQR - スマホ開発作業を高速化するMac用のQRコード表示アプリ

Header

Mac用のQRコード表示アプリ「LightningQR」。クリップボードに保存されたURL文字列からQRコードを素早く生成し画面に表示することができる、メニューバー常駐型のアプリです。

開発者zaru氏はWebサービスをスマホで確認する際、MacでQRコードを作成し、そのQRコードをスマホから読み込んで検証していたそうで、LightningQRによってQRコード作成の手間を削減することができると説明しています。

LightningQRの使用方法

LightningQR.appをダウンロードして実行します。メニューバーにアイコンが表示されます。

S 20161206 92622

例えば「https://www.softantenna.com/」のようなURL文字コピーし、メニューバーアイコンをクリックするとQRコードが表示されます。

操作はショートカットキーからも可能で、URL文字列を選択した後「Cmd + C」でコピーし、「Cmd + Ctrl + C」でQRコードを表示できます。

まとめ

Mac側でQRコードを表示した後は、スマホ側からQRコードを読み込むことで任意のURLにアクセスすることができます。スマホで複雑なURLを打ち込むのが面倒くさい場合、簡単にURLを共有するための手段として便利そうです。

なおiPhoneの場合、以下のような無料のQRコードリーダーが人気のようです。

QRコードリーダー for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
iPhoneで利用できる無料のQRコードリーダー。
QRコードリーダー for iPhone - 無料で使えるQRコード読み取り用アプリ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
iPhoneで利用できる無料のQRコードリーダー。
S icon タイトル LightningQR
公式サイト https://github.com/zaru/LightningQR
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7534-lightning-qr
説明 開発作業を高速化するMac用のQRコード表示ツール。

スポンサーリンク