Linux 4.18がリリース - Linux 5.0が接近中か

S 20180813 100026

Linux開発者のLinus Torvalds氏は8月12日(現地時間)、Linux mainline Kernelの最新版「Linux 4.18」のリリースをアナウンスしました(Phoronix)。現在最新版のカーネルのソースコードを公式サイトよりダウンロードすることがきます。

本来の予定日より一週間遅れのリリースですが、Linus氏は一週間の余裕を有効活用し、ネットワーク関連コードやrfs8、その他機能のマイナーアップデートを行っています。

Linux 4.18ではオープンソースのグラフィックドライバのアップデートや、新世代のファイアウォール機能を提供するBPFILTERの追加、64-bit ARMに対するSpectre対策コードの導入など、さまざまな新機能の追加や変更が行われています。主な新機能はPhoronixにてまとめられています。

Linux 4.18の次のバージョンとなるLinux 4.19はかなり大きなアップデートになると予想されていて、場合によってはLinux 4.19がLinux 4系最後のバージョンとなり、その後Linux 5.0が登場する可能性も予想されています。

S icon タイトル Linux Kernel (mainline)
公式サイト http://www.kernel.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2041-linux-kernel-mainline
説明 現在開発中のLinux Kernel。

スポンサーリンク