Linux 4.9正式版がリリース

S 20161212 92310

Linuxカーネル開発プロジェクトを率いるLinus Torvalds氏は12月11日、Linux mainline Kernelの最新版「Linux 4.9」のリリースをアナウンスしました(SoftpediaPhoronix)。

10月半ばから開発が進められてきたLinux 4.9のコードネームは「Roaring Lionus」。現在公式サイトより最新版カーネルのソースコードをダウンロードすることができます。

Linux 4.9には、AMDのGPUに関連した新機能が多数含まれ、例えばオープンソースのAMDGPUグラフィックスドライバには、Southern Islands / GCN 1.0ファミリのグラフィックカードの実験的なサポートが追加されています。また最近のAMD Radeon GPUに関しても、仮想ディスプレイのサポートやリセット機能の改善などが行われています。

その他、一部のAtomプロセッサにおけるP-Stateパフォーマンスの改良や、29以上のARMマシンのサポートの追加、Greybusサブシステムの導入、ファイルシステムの改良などが行われています。

4.9で導入された主な新機能の一覧はPhoronixの「The Best Features Of The Linux 4.9 Kernel」に分かりやすくまとめられています。

S icon タイトル Linux Kernel (mainline)
公式サイト http://www.kernel.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2041-linux-kernel-mainline
説明 現在開発中のLinux Kernel。

スポンサーリンク