「Linux Kernel 4.8」正式版がリリース

S 20161003 111826

Linux Kernel開発プロジェクトは10月2日、Linux mainline Kernelの最新版「Linux Kernel 4.7」をリリースしました(Phoronix)。

Linux 4.8.0のコードネームは「Psychotic Stoned Sheep」。現在、公式サイトより最新版カーネルのソースコードをダウンロードすることができます。

PhoronixがピックアップしたLinux Kernel 4.8のベストな新機能は以下の通り。

  • AMDGPU OverDriveのサポート: オープンソースのAMD Linuxドライバースタックがオーバークロックを初めてサポートした
  • Initial NVIDIA Pascalのサポート: NouveauがPascal GPUを初めてサポート。ただしコンシューマ向けのGeForce GTX 1060/1070/1080はサポートしていない
  • HDMI CEC: HDMI接続機器を制御するためのHDMI CECフレームワークの追加
  • Raspberry Pi 3 SoC: Broadccom BCM2837 SoCのサポート
  • Btrfs ENOSPCの修正: Btrfsユーザーが注目すべき大きな改訂作業
  • セキュリティの改善: usercopyの強化、KernelメモリーセクションのためのASLR、/dev/randomの改良など

その他多数の変更、修正が行われています。詳細はLinux Kernel Newbies等にもまとめられています。

S icon タイトル Linux Kernel (mainline)
公式サイト http://www.kernel.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2041-linux-kernel-mainline
説明 現在開発中のLinux Kernel。

スポンサーリンク