Linux 4.17がリリース - AMDGPUの更新やCPUパワーセーブ機能のの導入など

S 20180604 94632

Linux開発者のLinus Torvalds氏は6月3日(現地時間)、Linux mainline Kernelの最新版「Linux 4.17」のリリースをアナウンスしました(Phoronix)。現在最新版のカーネルのソースコードを公式サイトよりダウンロードすることがきます。

Linux 4.17ではAMDGPU DCが新しいディスプレイコードスタックとしてデフォルトで有効になったほか、AMDKFDのサポートの改良が行われるなど、AMDGPU関連で大きな変更が行われています。 またアイドル状態のシステムで大幅な省電力を実現できるCPUパワーセービングモードの改良も行われています。

その他同バージョンの新機能はPhoronixにまとめられています。

なおLinuxのマイナーバージョン番号が「20」に近づきつつあり、Linus氏は「Linux 5」の登場をほのめかしています。Linux 3.20ではなくLinux 4が登場したように、Linuxのメジャーバージョンが変更されるのはそう遠い未来ではないのかもしれません。

S icon タイトル Linux Kernel (mainline)
公式サイト http://www.kernel.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2041-linux-kernel-mainline
説明 現在開発中のLinux Kernel。

スポンサーリンク