MacJournal 7はオリジナル開発者の元で無料公開

S 20190514 111252

Mac用の人気ジャーナリングアプリ「MacJournal」の最新版、「MacJournal 7」がオリジナル開発者の元で無料で公開されています。

公式サイトの情報によると、MacJournalは、Mariner Softwareとの長く生産的な関係を経て元の開発者の元にもどってきた模様。最新版のMac Journal 7は現在のところMac App StoreではなくWebサイトからダウンロードできるバージョンのみが公開されており、18年前に公開がはじまったときと同様に無料で配布される予定であると説明されています。

MacJournal 7ではユーザーインターフェイスの改良や、バックアップ機能の強化、内部的な改良などさまざまな変更が行われています。

• Inspector integrated into main window
• More flexible user interface
• New Maps view for viewing entry locations
• Improved backups
• Updated Timeline
• Tab improvements, including pinned tabs
• Added Outline entries
• Searching improvements
• Setting up a blog is now easier
• Improved separate editing windows to be fully-functional windows
• Added more entry metadata, like duration
• Performance improvements across the application
• Modern app infrastructure

MacJournal 7の動作条件は、macOS 10.13 High Sierra以降で、新しいアップデートは、現行のmacOSのバージョンと以前のバージョンを同時にサポートするとのこと。

MacJournalはさまざまな章を受賞した経験のある歴史の長い人気アプリです。既存ユーザーの方もそうでない方も新バージョンを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク