Apple、macOS Sierra 10.12対応のOpen Source Darwin Codeを公開

S 20161125 63109

Appleは11月24日(現地時間)、macOS 10.12に含まれるオープンソースコードを「OS X 10.12 Source」ページにて公開しました(9to5Macslashdot)。ただし記事執筆時、Apple Open Sourceサイトのトップからはまだリンクされていない模様です。

Apple Open SourceはOS Xのコア「Darwin」の中に含まれる、オープンソースライセンスが適用されるソフトウェアのソースコードを公開するサイトです。

今回公開されたページからは、macOS 10.12に含まれるドライバやライブラリ、Unix系コマンド等のソースコードを参照したり、ダウンロードしたりすることが可能となっています。

Apple Open Sourceではこのほか、過去のOS Xに含まれるオープンソースコードや、Xcode、iOS、OS X Serverに関係したソースコードも公開されています。

スポンサーリンク