macOS 10.15のミュージックアプリはiTunesのコア機能を維持

S 20190510 90336

Appleが今年リリースするmacOSのメジャーバージョンアップ版「macOS 10.15」では、スタンドアロンのミュージックアプリが搭載されるのではないかとみこまれています。

以前の情報では、このミュージックアプリは、iOSとmacOSの共通アプリ開発基盤「Marzipan」を使用して作られているとみこまれていましたが、この情報が修正され、従来のiTunesの機能を大部分引き継ぐ、AppKitベースのものになるようだと9to5Macが主張しています。

9to5Macが情報筋から入手した新しい情報によると、単体のミュージックアプリには、スマートプレイリストやライブラリ管理、iPodやiOSデバイスとの同期、ディスクの読み書きなど、iTunesの重要な機能が多く含まれている模様。

音楽、映画、テレビ番組、Podcast、オーディオブックといった機能に焦点をあて、不要な機能を削除したiTunes 12.7以降の流れの最終ステップとして、音楽だけにフォーカスしたものとなるとのことです。

スポンサーリンク