【悲報】macOS SierraでAdobe CS6がついにサポート外になる【更新】

S 2016 09 21 0 15 05

Adobe PhotoshopやIllustratorを含むAdobe CS(Creative Suite)の最終版「Adobe CS6」が9月21日に公開されるmacOS Sierra(10.12)に対応していないことがAdobeサポートドキュメントによって明らかとなりました(ITmedia)。

現在サポート文書には以下のような内容が掲載されています。

2016/9/21にMac OS Sierra(10.12)が公開されますが、CS6のバージョンは10.12には対応しておりません。
インストールできた場合も、必要システム構成外である点にご注意ください。

ITmediaはCS6がmacOS Sierraに対応しない理由として、Adobe CS6に必要な「Java 6 SE」の動作が「OS X El Capitan」を持って打ち切られることを挙げています。

CS6を最後にAdobeはサブスクリプション方式のAdobe Creative Cloudに移行しました。最後の買い切りライセンス版であるCS6を今もまだ使用しているユーザーはいまだ一定数存在すると思います。そのような方はmacOS Sierraにアップデートする際、事前に十分情報収集する必要があるといえそうです。

また同社は、Adobe製品をインストールした状態でOSのアップグレードを行うと、製品の認証に問題が発生する場合があるとして、OSアップグレード前にAdobe製品を一旦アンインストールしてOSアップグレード後、再度Adobe製品をインストールし直す事を推奨しています。

非公式にインストールは可能な模様

macOS Sierra (10.12) で Photoshop CS6 / Illustrator CS6 を使う」によると、以下のフォルダが存在すればPhotoshopとIllustratorは実行可能とのこと。

/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk
/System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

要はJava 6が実行時に必要なわけではなく、空フォルダがあれば動くようです。

ただしSIP(System Integrity Protection)が有効な環境では直接フォルダを作成できないため、一度SIPを無効化してフォルダを作成し、SIPを再度有効化する必要があります。詳細は上記リンクを参照してください。

スポンサーリンク