Microsoft、GitHubの買収を正式に発表

Microsoft

Microsoftは6月4日(現地時間)、ソースコードホスティングサービスGitHubを買収したことを正式に発表しました(MicrosoftニュースThe GitHub Blog)。買収額は75億ドルで、Microsoftの株式の形で支払われるとのこと。2018年中に手続きが完了する予定です。

GitHubのサービスはこれまでと同様の形式で提供される予定で、開発者は引き続き自分好みのプログラミング言語や、ツール、オペレーティングシステムを使用することができると説明されています。

GitHubの新しいCEOにはXamarinの創設者、Nat Friedman副社長が就任し、現在のCEOであるChris Wanstrath氏はMicrosoftに加入するとのこと。

S 20180605 80605

▲現在GitHubの公式サイトの上部にも、Microsoftによる買収を案内するバナーが掲載されています。

Microsoftは2017年CodePlexと呼ばれるプロジェクトホスティングサービスを廃止し、ホストしていたプロジェクトをGitHubへ移行する対応を行っています。当時からGitHubの買収が念頭にあったのか気になるところdす。

スポンサーリンク