Microsoft、Chromiumのタブの復元機能の信頼性を改良

S 20201009 205331

Microsoftは現在、Chromiumベースの新しいEdgeブラウザを開発中です。

開発対象はEdge独自の機能のほかにも、上流のChromiumに対する機能の追加や不具合の修正も含まれており、Microsoftの作業によって、ChromeやVivaldiなど、Edge以外のChromiumベースブラウザが恩恵を受ける事にもつながっています。

今回そのような作業の一環として、MicrosoftがChromiumのタブの復元機能の改善に取り組んでいることがわかりました(Windows Latest)。

現在のChromiumでも、ブラウザを誤って閉じたりクラッシュしたりした場合は、タブの復元機能を使用して、ほとんどの場合、データを失うことなくタブを復元することができます。ただし必ずしも常に成功するわけではなく、Microsoftの提案はこの機能の信頼性の改善を目的としたものとなっています。

新しい方法では、セッションファイルの保存方法が改良され、ブラウザがクラッシュしたりシステムが再起動したりしたときのデータ損失の可能性を減らすことができるように計画されています。タブの保存期間が長くなることや、セッションの種類ごとに保存するファイルの数が可変になることから、タブ復元の使い勝手が向上する可能性もあるとMicrosoftは考えているようです。

This helps improve the longevity and usefulness of tab data from tab restoration

またこの機能が、ユーザーが以前のセッションから重要なタブを復元せずに、誤ってセッションを閉じてしまった場合のデータ損失を減らすためにも役立つと考えられています。

タブの復元機能は、問題が発生したときに頼りになる最後の手段なだけに、信頼性の向上は多くのユーザーに待ち望まれるものになりそうです。

スポンサーリンク