Microsoft、1月にCortanaのiOSとAndroid版のサポートを終了

Photo

Microsoftが2020年1月31日をもって、一部の国でiOSとAndroid版のCortanaのサポートを終了することが分かりました(The VergeMSPoweruser)。

オーストラリアカナダ英国
のMicrosoftのサポートドキュメントから判明した情報で、これらのドキュメントには以下のような案内が掲載されています。

To make your personal digital assistant as helpful as possible, we’re integrating Cortana into your Microsoft 365 productivity apps. As part of this evolution, on January 31st, 2020, we’re ending support for the Cortana app on Android and iOS in your market. At that point, the Cortana content you created–such as reminders and lists–will no longer function in the Cortana mobile app or Microsoft Launcher, but can still be accessed through Cortana on Windows. Also, Cortana reminders, lists, and tasks are automatically synced to the Microsoft To Do app, which you can download to your phone for free.

After January 31st, 2020, the Cortana mobile app on your phone will no longer be supported and there will be an updated version of Microsoft Launcher with Cortana removed.

– Microsoft

2020年の1月31日でAndroidおよびiOSでのCortanaアプリのサポートを終了し、リマインダーやリストなどのCortanaコンテンツは、CortanaモバイルアプリやMicrosoftランチャーからは利用できなくなるとのこと。ただし、Windows上のCortanaからは引き続きアクセス可能で、Cortanaのリマインダー、リスト、タスクは、Microsoft To Doアプリに自動的に同期され、スマートフォンで引き続き利用できるそうです。

The VergeはMicrosoftに連絡をとり、サポートが終了する国が、英国、オーストラリア、ドイツ、メキシコ、中国、スペイン、カナダ、インドであると確認しています。

お膝元である米国や、今回対象外となっている日本などその他の国で、今後どのような扱いになるのかは現時点では明らかとなっていません。

スポンサーリンク