Microsoft、Microsoft Edgeのダウンロードを困難化する

S 20201019 204404

Microsoftが何故か、Chromiumベースの新しいEdgeブラウザのダウンロードを困難化する変更をWebサイトに加えていることが分かりました(gHacks)。

Microsoft Edgeのダウンロードページを、Edge LegacyやInternet Explorer、Operaなどのブラウザで開いた場合、期待通りダウンロードリンクが表示されるものの、Google ChromeやMozilla Firefoxで開いた場合「今すぐ試す」というボタンが表示され、クリックするとEdge Legacyが起動するようになっているというのです。

S 20201019 204456

すなわちChromeやFirefoxから新しいEdgeブラウザをダウンロードしたい場合、ダウンロードページを一端Edge Legacyで開き、あらためてファイルをダウンロードする必要があるということになります。

Microsoftがこの変更を行った理由は不明ですが、新しいMicrosoft Edgeブラウザをできるだけ多くのデバイスにインストールしたいと考えているであろう同社の方針からすると、不可解な変更だといえそうです。

ただし、Windows 10の次期メジャーバージョンアップ版であるWindows 10 Version 20H2では新しいEdgeブラウザがデフォルトとして組み込まれ、手動でファイルをダウンロードする必要はなくなります。

スポンサーリンク