新しいMicrosoft EdgeのWindows Update経由での配信は令和2年4月1日以降順次開始

Edge

Microsoftは本日、Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」の正式版を公開しました。新しいEdgeは手動でダウンロードできるほか、Windows Update経由でも提供される予定ですが、日本でのWindows Updateによる提供は4月1日以降になることが明らかとなっています。

Windows Blog(日本語版)の冒頭に、以下のような情報が掲載されています。

※日本のお客様に対しては、確定申告への影響を考慮し、Windows Updateを通じた新しいMicrosoft Edgeの配信は令和2年4月1日以降、順次開始される予定です。

2月17日から3月16日までの確定申告期間を考慮し、オンライン申告などに影響のあるEdgeの自動配信を避けたことが分かります。

新しいMicrosoft Edgeは手動でインストールすることも可能ですが、慎重を期すならば確定申告用に使用しているPCのEdgeの更新はもうしばらく待った方が良いかもしれません。

スポンサーリンク