Microsoft、Edgeの起動を爆速化する「Startup boost」機能を追加へ

Enable Startup Boost Microsoft Edge

MicrosoftがEdgeブラウザのWindows 10版で「Startup boost」と呼ばれる新機能をテストしている事がわかりました(Techdows)。デスクトップやタスクバーのショートカットをクリックした時に、Edgeの起動を高速化する事を目的とした機能です。

Microsoftが公開したドキュメントによると、以下のような特徴を持っています。

  • Microsoft Edgeの一連のプロセスがバックグラウンドで実行される。
  • 初回起動時や再起動時にEdgeがすぐに使えるようになる。
  • バックグラウンドプロセスの優先度は低いためリソースへの影響は限定的。

現在この機能はEdge CanaryのWindows版でロールアウト中でデフォルトでオフになっています。対象ユーザーは以下の手順で有効にすることができます。

  • Edgeを起動。
  • 「設定 > システム」で「Startup boost」をオンに(無効にする場合はオフに)。
  • ※設定画面に「Startup boost」が表示されていない場合、まだ利用できない。

OSにブラウザの機能を一部統合するというのはMicrosoftの得意技で、今後の展開に注目が集まりそうです。

スポンサーリンク