Microsoft、Edgeに埋め込んだサーフィンゲームを遊びやすくしてしまう

S 20200228 95745

Microsoftは昨年、ChromiumベースのEdgeの新しいアイコンの発表にあわせ、「SURF」と呼ばれるミニゲームをEdgeの内部に埋め込んでいました。

その際はミニゲームの呼び出しに特別な手順が必要だったのですが、これが変更され、Microsoft EdgeのCanary/Dev版ではアドレスバーに「edge://surf」と入力するだけでプレイ可能になったことがわかりました(The Verge)。

ゲームはフィードバックに基づき大幅に改良されているそうで、新しい3つのモードの追加や、マウス、タッチ、ゲームパッドなどへの対応、ハイスコア保存、UXの改良などが行われているそうです。

スポンサーリンク