Microsoft、MS-DOSのソースコードをGitHubで公開

S 20180929 94021

Microsoftは2014年3月、MS-DOS 1.25と2.0のソースコードをComputer History Museumで公開しました。今回これに続き、同OSのソースコードがGitHubにて公開されています(MicrosoftPhoronix)。

Computer History Museumで公開されていたソースコードは圧縮アーカイブファイル形式でしたが、GitHubのリポジトリとして公開されたことで、ブラウザ上で閲覧・参照することがより簡単にできるようになっています。

ただしリポジトリは調査や実験目的のためのもで、リードオンリーに設定されているため、プルリクエストを送信することはできません。

ソースコードは以下のような特徴を持っているとのことです。

  • MS-DOS 1.25と2.0のソースコードは全て8086アセンブリ言語で書かれている。
  • 86-DOSの初期版のソースコードの日付は1980年12月29日。
  • MS-DOS 1.25の日付は1983年5月9日で、COMMAND.ASMを含む7つのソースコードから構成。
    S 20180929 100406
  • MS-DOS 2.0は1983年8月3日で、成長かつ洗練し100個の.AMSファイルから成り立つ。
  • ソースファイルやオブジェクトファイルとともに、いくつかの興味深いドキュメンテーション(.TXT、.DOC)ファイルが含まれる。

なおライセンスはMITライセンスが採用されています。

スポンサーリンク