マイクロソフトのサポートを装った詐欺に対する注意喚起

170426 false screen01

日本マイクロソフトが26日「マイクロソフトのサポートを装った詐欺にご注意ください」という文書を公開。PCでインターネット閲覧中に、「マイクロソフトセキュリティアラーム・support.microsoft.com」を名乗った警告がブラウザーに表示される場合があると注意を喚起しています(窓の杜)。

警告が表示されるとブラウザーを閉じる操作が不可能となるそうで、「Ctrl-Alt-Del」を押してタスクマネージャーからブラウザーを終了する必要があるとのこと。もちろん表示されている電話番号はマイクロソフトとは無関係なものなので、電話をしてはいけません。

偽警告画面に表示される内容の例は以下の通り:

『あなたのPCはブロックされました』
『当社に今すぐお電話ください』
『この重要な警告を無視しないでください』
『お使いのPCからウイルスとスパイウェアを検出しました』
※こちらはあくまで一例です。類似した内容で表示される場合があります。

偽画面を見る限り、Windows Defenderを模倣したウィンドウが表示される可能性があるようです。もしこのような画面が表示された場合も冷静に対処したほうが良さそうです。

スポンサーリンク