Minecraftの「Better Together Update」が公開開始 - クロスプラットフォームプレイが可能に

S 20170921 95828

さまざまなプラットフォームで発売されている「Minecraft」間でクロスプレイが可能となる「Better Together Update」の公開がついに始まりました。現時点ではWindows 10/Xbox One/iOS/Android/VR版などが対応し、Nintendo Switch版は、今年の冬頃に対応する予定となっています。

Better Together Updateによってクロスプラットフォームプレイが可能となるだけではなく、マーケットプレイスで購入したコンテンツを共有することも可能となります(一部制限あり: FAQ)。

Minecraft App
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥840
大人気のサンドボックス系ゲーム。

最新版ではその他新しい要素も追加されていて、例えばiOS版v1.2では以下のような機能が新機能がリストアップされています。

バージョン 1.2 の新要素

Windows 10 搭載 PC、Android デバイス、iOS 搭載スマートフォンとタブレット、Xbox One、および仮想現実プラットフォーム間での、最大 8 人のクロスプラットフォーム プレイ。

大規模なオンライン マルチプレイヤー サーバー! メイン メニューに、サーバーのブラウザーを追加しました。このブラウザーから、何百万人ものプレイヤーと出会い、協力してプレイすることができます。
オウム、色付きガラス、旗、防具立て、花火 (エリトラのブーストも含む)、渓谷、レシピ本、本と羽ペン、ジュークボックス、音楽ディスク、ゾンビ 村人のスポーンエッグ、粗い土などの新要素が多数登場!
新しい世界生成時のオプション: 開始時に地図を所持、ボーナス チェスト、プレイヤーの信頼。
新しいゲーム ルール: TNT 火薬の爆発および自然回復
世界の変換で、過去のバージョンの世界を取り込むことが可能に
プレイヤーの権限、ゲーム内ホストのオプション、プレイに役立つユーモアたっぷりのヒントが読める新しいロード画面と遊び方の画面。
3D とストラクチャー ブロックの改善

ちなみにアプリの名前も「Minecraft PE」から「Minecraft」に統一されています。3DS版まで発売されて勢いの衰えることのない「Minecraft」に今後も期待です。

スポンサーリンク