Minoca OS 0.4がリリース - 組み込み機器向け汎用OSがGUIをサポート

Minoca

Minocaプロジェクトは30日、フルスクラッチから開発された組み込み機器向けの汎用OS「Minoca OS」の最新版v0.4をリリースしました(公式ブログReddit)。

Minoca OSは2016年10月に公開されたオープンソースのオペレーティングシステムで、Raspberry PiやBeagleBone Blackといったシングルボードコンピューターのほか、x86 PCでの動作をサポートしています。古いしがらみにとらわれず、モジューラーで学習しやすく、柔軟性が高いという特徴を持っています。

v0.4では要望の多かったGUIサポートへの取り組みが行われており、まず手始めとしてfceuxと呼ばれるNESエミュレーターが追加されました。

v0.4の新機能は以下の通りです:

  • AHCI
  • e1000(Intelギガビットネットワークドライバー
  • USBとPS/2マウス
  • Intel HD AudioとRaspberry Pi PWM audio

また以下のサードパーティパッケージが追加されています:

  • Xorg-server
  • SDL
  • fceux (NES emulator)
  • miniDLNA
  • Mesa3D
  • GTK+

最新版のインストールイメージはダウンロードページからダウンロードできます。ソースコードはGitHubで参照可能です。

スポンサーリンク