「Mono 4.0.0 Release Note」が公開、Microsoftのコードを取り入れた初のリリースとなる見込み

Home Mono

Microsoftの.NET Frameworkのオープンソース実装「Mono」の最新版「Mono 4.0.0」のリリースノートが公開されています(slashdotReddit)。「THIS IS A DRAFT OF THE 4.0 RELEASE NOTES」(これは4.0リリースノートのドラフト版である」との注意書きがあるように、このリリースノートは現段階でまだ確定版ではなく、公式サイトからソフトウェアをダウンロードすることもできません。

とはいえ来るべき4.0.0の新機能の概略を知ることは可能です。このバージョンのハイライトとして取り上げられている機能は以下の通りです。

  • Microsoftのオープンソースコードの採用
  • C# 6.0
  • 浮動小数点演算の最適化
  • バージョン2.0、3.5、4.0アセンブリのサポート廃止
  • IKVMの更新
  • デバッガオーバーへどの軽量化
  • PowerPC64 LEの基礎サポート

なかでも注目は、今回のリリースに、最近MicrosoftがMITライセンスでリリースしたソースコード、特にReferenceSource dropから多くのソースコードが取り入れられたことです。Monoは現時点では引き続きdesktop/server版.NET APIを提供し続け、将来的には、Microsoftが".NET Core"を目指しているように、"Mono Core"を目指して開発が進むことになるとのこと。

スポンサーリンク