mosh 1.3.0がリリース - セマンティックバージョニングへ移行

S 20170430 93205

Mosh開発メンバーのKeith Winstein氏は26日、モバイルシェル「Mosh」の最新版v1.3.0を公開したことをアナウンスしました。

現在公式サイトよりソースコードや、macOS用のバイナリパッケージをダウンロードすることができます(ただしmacOSユーザーに対しては、アップデートの利便性からHomebrewやMacPortsを利用してインストールすることが推奨されています)。

v1.3.0の変更点としてはまず、セマンティックバージョニングへの変更があげられています。これにより今後は新機能が追加されるごとにマイナーバージョンがインクリメントされる方式となるとのこと。v1.3.0はこれまでの方針ならばv1.2.7となっていたもののようです。

その他、公式サイトのhttp://mosh.mit.eduからhttps://mosh.orgへの変更や、-no-ssh-ptyオプションの追加が新機能としてあげられているほか、さまざまなプラットフォームのサポートの改良や、不具合の修正も行われています。

Imac タイトル Mosh
公式サイト https://mosh.org
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6747-mosh
説明 IP変更、スリープ後の再接続やローカルエコーを採用したモバイルシェル。

スポンサーリンク