Mozilla「Thunderbird」の開発方針転換

マルチプラットフォームで利用できるMozillaのメールクライアント「Thunderbird」の開発方針が変わり、今後は新規機能の追加よりも、安定性を維持に重点を置くようになるようです(Mitchell Baker氏のブログ窓の杜engadget日本版)。

GmailなどのWebメールが流行し、メールクライアントをわざわざインストールして使うのは下火になってきているのかもしれませんが、なんとなく寂しいニュースですね。コミュニティによる機能追加はありうるらしいので一応期待したいと思います。

スポンサーリンク