軽量Ruby「mruby」公開される

軽量Ruby「mruby」のソースコードがGithubで公開されました(GithubRails Hub情報局: ついに軽量Rubyの「mruby」のソースコードが公開!)。

Mruby

README.ja.mdによると、mrubyとは「mrubyはISO規格に準拠したRuby言語を様々な環境で動作可能となるように 軽量化したもの」ということで、以下の特徴が挙げられています。

|MRI(Matz Ruby Implementation)版との互換性
|
|以下要修正
| + シンプルな文法
| + 普通のオブジェクト指向機能(クラス,メソッドコールなど)
| + 特殊なオブジェクト指向機能(Mixin, 特異メソッドなど)
| + 演算子オーバーロード
| + 例外処理機能
| + イテレータとクロージャ
| + ガーベージコレクタ
| + ダイナミックローディング (アーキテクチャによる)
| + 移植性が高い.多くのUnix-like/POSIX互換プラットフォーム上で
| 動くだけでなく,Windows, Mac OS X,BeOSなどの上でも動く
| cf. http://redmine.ruby-lang.org/wiki/ruby-19/SupportedPlatformsJa

コンパイル後の実行ファイルのサイズが、かなり小さくなっているそうなので、組み込み用のスモール言語として期待できそうですね。 現在組み込み用として人気があるLuaと比較すると新しい文法を覚えなくて良いのが利点になりそうです。

スポンサーリンク