Microsoft、「MS-DOS」と「Word for Windows」のソースコードを全世界へ公開!!

NewImage

オープンソース化の波がこんなところにまで?

Microsoftが「MS-DOS」と「Word for Windows」の初期バージョンをComputer History Musiumで公開したことが明らかになりました(Microsoft BlogComputer History Museumのプレスリリースare technics)。

実際に公開されたソフトウェアのバージョンは、MS-DOS 1.1/2.0と、Word for Windows 1.1a。以下のリンクよりダウンロードすることができます。

どちらもその後のMicrosoftの礎となった重要なソースコードなので興味が有る方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

MS-DOS

Msdos 1

MS-DOSのほうは、v1.1のソースコードとオブジェクト、v2.2のソースコードとオブジェクトが含まれていました。ソースコードはアセンブラで書かれているようです。

Word

Word

Wordは、Cのソースコードが含まれています。Readmeによると、Word 1.1aはコードネームOpusと呼ばれていたので、そのフォルダ名が使われているようです。

スポンサーリンク