Microsoft、「.NET Core 1.0」をリリース - LinuxやMacでも.NET Frameworkを利用した開発が可能となる

S 2016 06 28 10 17 49

米Microsoftは27日(現地時間)、.NET Core 1.0、ASP.NET Core 1.0、Entity Framework Core 1.0のリリースを発表しました(.NET BlogslashdotPhoronix)。

.NET Coreはクロスプラットフォームかつオープンソースの.NETプラットフォーム。Webアプリやマイクロサービス、ライブラリ、コンソールアプリケーションなどの作成が可能となります。

インストールしてみる

Windows/Linux/Macそれぞれのプラットフォームにおける.NET Coreのインスト−ル方法は、.NET Coreのホームページに掲載されています。

Macの場合Homebrewを利用してまずopensslをインストールします(link --forceがちょっと嫌な感じですが)

brew update
brew install openssl
brew link --force openssl

次にオフィシャルインストーラーで.NET Coreをインストールします。インストーラーはPATHの設定まで自動で行ってくれます。 oh-my-zshを利用している場合PATHの設定がうまくいかない場合があるようですが、その場合の対処方法も解説されています。

インストール完了後以下のコマンドで最初のアプリを作成し、実行することができます。

dotnet new
dotnet restore
dotnet run

「Hello World!」プログラムの実行結果。

Hello World!

作成されたプログラム

using System;

namespace ConsoleApplication
{
    public class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World!");
        }
    }
}

実際に確認してみたところやはりopensslがないとエラーで動きませんでした。

S 2016 06 28 10 39 38

なおWindowsの場合本日リリースされたVisual Studio 2015 Update 3と .NET Core Tools for Visual Studioを使って開発することも可能です。

スポンサーリンク