「Node.js v4.0.0」がリリース - ついにNode.jsとio.jsがフュージョンに成功

S 2015 09 09 15 20 48

Node.js開発チームは9月8日(現地時間)、「Node.js」の最新版v4.0.0のリリースを発表しました(公式ブログslashdotCodeZine)。

v4.0.0最大のトピックは、これまで方向性の違いにより分岐していたNode.jsとio.jsが再びマージされたことです。またChromeブラウザでも採用されているV8 v4.5エンジンの採用により、デフォルトでES6のさまざまな新機能が使用可能となりました。

その他、 ChildProcess.prototype.send()とprocess.send()の改良、node-gypとnpmコマンドの更新、タイマーのパフォーマンスの改良など多くの変更が行われています。

今後のリリースに関しては、10月にLTS (long-term support) 版のリリースが計画されています。同時にv5.0.0ブランチが立ち上がり、V8エンジンの更新を含む新機能の開発はこちらで行われていくようです。

スポンサーリンク