OmniGroup、無料ダウンロード+アプリ内課金方式に転換

Providing the best possible App Store experience

OmniFocus、OmniOutliner、OmniPlan等のMac/iOS用アプリで有名なOmniGroupが、App Storeのアプリの販売方式を「基本無料+アプリ内課金方式」に変更することを発表しました(公式ブログ)。

従来の有料版をApp Storeで販売する方法では、アップグレードライセンスや、期間内購入者への無料アップグレード、試用版の提供が不可能ですが、基本無料にして全ての有料オプションをアプリ内課金で購入するシステムに変更することで、これらの問題が解決できると説明されています。

これまでOmniGroupのソフトウェアは、スタンダード版がApp Storeで有料で販売されていて、アプリ内課金でプロ版の機能をアンロックするシステムとなっていました。これからは試用期間の制限のついた無料アプリをダウンロードし、アプリ内課金でスタンダード版、プロ版の機能を解放するシステムに変わることになります。

このシステムはまず来月公開されるMac App Store版のOmniGraffle 7から採用され、App Storeで販売されている全てのOmniGroupのMac/iOSアプリに適用されていくとのこと。なお今回の方針転換は、サブスクリプション方式への移行を意味しているわけではない(従来通り一回のみの支払い方式のまま)との注意も掲載されています。

スポンサーリンク