LiteSpeed Technologiesの高速Webサーバー「OpenLiteSpeed」

NewImage

Apacheの後継として開発されていたWebサーバーLightSpeedのオープンソース版「OpenLiteSpeed」リリースされています。ライセンスはGPL v3。特徴は、

  • 最小のメモリフットプリント。
  • リアルタイム統計確認可能なWebAdmin GUI。
  • Apache互換のrewriteエンジン。
  • スケーラビリティのためのワーカープロセス。
  • queue (FreeBSD and OS X), epoll (Linux), /dev/poll (Solaris), pollを使った、ハイパフォーマンスのイベント・ドリブンアーキテクチャ。
  • 数千の同時リクエストを処理できる。
  • テンプレートを使い容易にバーチャルホストを設定できる。

などなど。なかなかよさそう。Googleで検索すると2006年ぐらいの記事がたくさんひっかかりますが、それより後の記事はあまり見つかりませんでした。とりあえず高速Webサーバーとして知っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク