Flashのオープンソース請願活動が始まる

S 20170801 85227

先日AdobeはFlashの2020年末に向けた終了計画を発表しました。

Flash利用者に対しては、HTML5、WebGL、WebAssemblyなどの新しい技術への乗り換えが推奨されるなか、GitHubを利用するWeb開発者Juha Lindstedt氏による、FlashとShockwaveの仕様をオープンソース化してほしいという請願活動が始まっています(Neowinスラド)。

同氏は「Flashはインターネットの重要な歴史で、廃止されてしまうと将来の世代が、Flashを利用したゲームやWebサイトなどの過去の世代にアクセスできくなってしまう」と活動の趣旨を説明。FlashとShockwaveプレイヤーを保存したいわけではないと念を押しています。

具体的な方法としては、swf/fla/drc/dirのHTML5/canvas/webgl/webassemblyへのコンバーターの作成や、スタンドアロンのプレイヤーの作成が提案されていて、ソースコードの中で公開不可能な部分は、何が公開できなかったのかを説明してくれればよいともしています。

請願活動へ参加したい場合、GitHubリポジトリにスターつければ完了です。

記事執筆時4,600件ほどのスターがつけられていますが、Hacker Newsなど、インターネット上では素直に削除されるべきとのコメントも寄せられています。Adobeがどのような対応をみせるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク