Microsoft、オープンソース版「PowerToys」を開発中

Logo

MicrosoftがWindows 95時代に公開して人気を集めたユーティリティ集「PowerToys」。FindX、TweakUI、Quick Resといった優秀なツールを含み、多くのユーザーが使用していました。

このツールにインスパイアされたWindows 10用の「PowerToys」がオープンソースソフトとして開発中であることが判明しています(MSPoweruser)。

GitHubリポジトリには、今のところプロジェクトの概要を説明するドキュメントだけしか置かれていませんが、2019年の夏にプレビュー版の実行ファイルおよびソースコードが公開予定とのことです。

現在二つのユーティリティが動作しているそうで、一つは最大化ボタンにマウスカーソルをホバーするとボタンが表示され、クリックすると、新しいデスクトップを作成してそこでアプリを最大化することができる「MTND」ウィジェットとのこと。

MTNDWidget

もう一つは「Windows key shortcut guide」という名前で、Windowキーを1秒以上押すことで呼び出すことができるショートカットの表示アプリとされています。

WindowsKeyShortcutGuide

さらに以下のユーティリティの作成が検討されている模様です。

  • ノートパソコンのドッキングおよびドッキング解除のための特定のレイアウトを含むフルウィンドウマネージャ
  • キーボードショートカットマネージャ
  • Win + Rの置き換え
  • ブラウザタブの統合や実行中のアプリの検索など、Alt + Tabの改善
  • バッテリートラッカー
  • バッチファイルリネーマー
  • タスクバーからのクイック解像度変更
  • フォーカスのないマウスイベント
  • Cmd from here
  • コンテンツメニューファイルブラウジング

Microsoftは新しいアイデアの提案や、優先順位を付けるの手助けするためにissuesを使って欲しいと要望しています。

スポンサーリンク