WebKitベースのレンダリングエンジンを搭載した「Opera 15」リリース

Opera15

WebKitベースのレンダリングエンジン(WebKitから分岐したBlink)を搭載したことで話題の「Opera 15」(安定版)がリリースされました(Operaブログ窓の杜ITmedia)。Windows / Mac / Linux版などがダウンロード可能。

Opera 15では、Chromeのオープンソース版、Chromium 28をベースとして作り直されていて、スピードダイヤル(ブックマークの代替)、スタッシュ(ページの一時保存)、ディスカバー(興味のありそうなトピックスを自動で収集)などの機能が追加されたということ。

Opera15 1

ぱっと見、スピードダイヤルはブックマークの見た目を変えただけのように見えますが、使い勝手はどうなんでしょうか。Chromiumに近づきすぎると、あえてOperaを使う理由がなくなってしまうため、どれだけ魅力的な独自機能を追加できるかが今後の鍵のような気がします。

スポンサーリンク