【朗報】「MacBook Late 2008」に「OS X 10.10 Yosemite」がインストール可能!!

Yosemite

Appleが、本日発表したMac用の次期OS「OS X 10.10 Yosemite」のインストール可能要件が明らかになりました(Ars TechnicaBusiness Insider)。

Ars Technicaによると、OS X 10.10 Yosemiteをインストール可能なMacの機種は OS X 10.8、10.9と同じで、以下の通りとなります。

  • iMac (Mid-2007 or later)
  • MacBook (13-inch Aluminum, Late 2008), (13-inch, Early 2009 or later)
  • MacBook Pro (13-inch, Mid-2009 or later), (15-inch, Mid/Late 2007 or later), (17-inch, Late 2007 or later)
  • MacBook Air (Late 2008 or later)
  • Mac Mini (Early 2009 or later)
  • Mac Pro (Early 2008 or later)
  • Xserve (Early 2009)

私の所有している最も古いMacであるMacBook Late 2008(アルミ)にも、Yosemiteがインストールできそうです。最終的に変更になる可能性はありますが、10.8 / 10.9でも、正式版でのハードの切り捨てはなかったので、今回もこのままいく可能性は高いのではないでしょうか。

iOS Developerもテスト可能に

ちなみに今回から、iOS Developer Program加入者でも、「OS X Yosemite Developer Preview」が即時ダウンロード可能になっています。iOSデバイスと連携した機能が導入されるのでそのためかもしれません。新しもの好きの開発者はスーパーフラットなOS Xを試してみるチャンスですね。

スポンサーリンク