自作民必見のリアルより楽しい「PC Building Simulator」が登場

PC Builder on 1440x810

最近はMacやSurfaceのようにユーザーが中身をほとんど触れないコンピューターが増えてきていますが、開発マシンやゲーム専用のPCなど、パフォーマンスを重視する方は今でも「自作PC」が利用している方も多いと思います。

本日紹介する「PC Building Simulator」は、ゲーム上でこの「自作PC」体験を存分に楽しむことができるシミュレーションゲームです。現在Steamの早期アクセスゲームとして販売されていて、価格は割引されて1,845円となっています。

PC Building SimulatorはPCの自作体験を3Dでリアル再現するシミュレーターで、チュートリアル、キャリアモード、フリービルドの三つのモードを搭載しています。

チュートリアルモードは、名前の通りPCの作成に必要となる基本的な知識を学習することができるモードです。ゲームで習得した知識を、実際にPCを自作する際に役立てることもできるかもしれません。

Ss 07109510ed4451a7c53306677f651ab912ed8b2f 1920x1080

キャリアモードはゲームのメインモードで、コンピューターの修理ビジネス担当します。作業スペースや部品の保管場所が存在し、客からのPCの修理要請に応えていくという内容です。例えばグラフィックボードの交換や、ウィルスへの対応などがさまざまなPC関連の作業が楽しめます。

フリービルモードでは、利用可能な全ての部品が使用して、好みのコンピューター構築することができるモードです。

最初に述べたようにPC Building Simulatorは早期アクセスゲームとして提供されていて、将来のアップデートで機能が追加されることが計画されています。例えば以下のような機能です。

  • 水冷
  • オーバークロック
  • コンポーネントの追加
  • ローカライズの追加
  • ベンチマークの追加
  • キャリアモードの職種の追加

CPUの不具合や、円安などによって思うようにPCが自作できず、フラストレーションを感じている方は、ゲームの中で存分に好みのPCを組み立ててみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク