「Perl 6」2015年に新リリースくるか!?

Perl6

開発が難航しているPerlの次期バージョン「Perl 6」が2015年についに製品レベルで使えるようになるかもしれません。オープンソースイベントFOSDEM 2015年のイベントスケジュールに「Get ready to party!」と題したPerl 6の新リリースを予感させるスケジュールが組まれていることが分かり注目されています(Reddit)。

スピーカーはPerl作者のLarry Wall氏。Perlの歴史や、(Perl 6の?)間違いから学んだこと、さらにはPerlを愛する人々がどのように完遂不可能と思われた言語の実装を成し遂げたかといったことが語られるようです。

ちなみにPerl 6の歴史によると、Perl 6の設計が始まったのは2000年、2010年に最初の使用可能なバージョンがリリースされましたが、Perl 5からPerl 6への以降は困難で、次期バージョンともみなされていないということ。この状況が変わるのかどうか注目です。

スポンサーリンク