iPadのSafari上のあらゆる動画再生でPicture-in-Pictureを有効にする「PiPifier」

Pip 768x576

iOS 9以降のiPadでは、動画を小窓で再生する「Picture-in-Picture」機能が利用できます。

ながら作業に便利な機能ですが、あらゆる動画サイトで利用できるとは限らず、例えばSafariでYouTubeを表示して動画再生しようとしても簡単にPicture-in-Picture機能を利用することはできません(PCサイトを利用すれば可能ですが…) 。

今回紹介する「PiPifier」はこのPicture-in-Picture機能を簡単に利用するための無料アプリです。Safariの拡張として動作し、HTML5を利用した動画サイトでは、ボタンをタップするだけで、同機能を呼び出すことが可能となります。

PiPifier - PiP for every web video App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
HTML5動画再生でPicture in Pictureモードを有効にするSafari拡張。

以下使用法を説明します。

PiPifierの使用方法

PiPifierをダウンロードした後、以下の手順で実行します。

  • Safariを開く
  • 画面右上にある「共有」アイコンをタップ
  • 「その他」アイコンをタップ
  • 「Run PiPifier」を有効化
  • 動画を再生したいWebサイトで「共有」「Run PiPifier」をタップ

複雑そうに見えますが一度設定しまえば、その後は最後の手順を実行するだけで大丈夫です。

Pip 1 768x576

▲YouTubeなどで「Run PiPifier」を実行すると動画が小窓で再生されます。

まとめ

PiPifierはPicture-in-Picture機能を簡単に呼び出せるSafari拡張です。オープンソースで開発されていてソースコードも公開されています(Mac版も利用可能。アプリ内課金が存在しますが寄付的な扱いのようです)。

スポンサーリンク