Pokémon Goブームは過ぎ去った?アクティブユーザーの減少が鮮明に

Pokemon

全世界で社会現象を巻き起こした大人気のスマートフォンゲーム「Pokémon Go」。圧倒的な人気を誇っていましたが、さすがに人気のピークは過ぎたのかもしれません。投資会社の調査によってPokémon Goの人気が下降線を辿っていることが明らかとなりました(9to5Mac)。

Bloombergの記事によると、Axiom Capital Managementが3つの異なるアプリ分析会社から取得したデータを比較検討した結果、4つの指標においてPokémon Goの人気のピークが過ぎ去ったことが確認できたとのこと。

Data from Sensor Tower, SurveyMonkey and Apptopia, however, show that Pokemon Go’s daily active users, downloads, engagement, and time spent on the app per day are all well off their peaks and on a downward trend.

「Sensor Tower、SurveyMonkey、Apptopiaのデータによると、Pokémon Goの日別アクティブユーザー、ダウンロード、エンゲージメント、使用時間の全てにおいてピークを過ぎ、下落傾向にある」

Axiomは、この結果は他のモバイルアプリに投資を行っている投資家への救済をもたらすとも主張しています。またPokémon Goリリースと同時に急上昇していたaugmented reality(AR)のGoogleトレンドも下降しているとのこと。Pokémon GoブームとともにARブームも過ぎ去ってしまうのか注目です。

スポンサーリンク