「PostgreSQL 9.5」がリリース - UPSERT、行レベルセキュリティ、Big Data関連の新機能が追加

S 2016 01 08 0 22 59

PostgreSQLグローバール開発グループは1月7日(現地時間)、PostgreSQLの最新版「PostgreSQL 9.5」をリリースしました(ニュースPhoronix)。現在公式サイトより、Linux / OS X / Windows用のバイナリパッケージ、およびソースコードをダウンロードすることができます。

PostgreSQL 9.5の目玉機能としてはまず、アプリケーションプログラマから強い要望のあった「UPSERT」機能の追加があげられています。UPSERTは「データがなければINSERTし、データが存在する場合はUPDATEする」機能で、Webおよびモバイルアプリケーションの開発を簡単化することが期待されています。

またBRINインデックスやソートの高速化、CUBE / ROLLUP / GROUPING SETS、Foreign Data Wrappers、TABLESAMPLEといった機能を含むBig Data関連機能の追加や、行ごと列ごとのデータへのアクセス制御を可能とするRow Level Security(行レベルセキュリティ)の追加も行われています。

その他変更点の詳細や、v9.5への移行方法はリリースノートをご確認ください。

スポンサーリンク