PowerShell 7が公開 - 自動更新機能の追加や互換性の改良など

Microsoft Powershell 7

Microsoftは本日、PowerShellのメジャーバージョンアップ版「PowerShell 7」の提供を開始したことを発表しました(MSPoweruser)。

PowerShellは元々Windows用の自動化ツール/フレームワークでしたが、昨年公開されたPowerShell Core 6でWindows以外にもmacOS、Linuxをサポートするクロスプラットフォームフレームワークに進化しています。

PowerShell 7では以下のような機能が追加されています。

  • 「ForEach-Object -Parallel」を使用したパイプライン並列化
  • 新しい演算子: 三項演算子の「a ? b : c」、パイプラインチェーン演算子の「|| 」と「&&」、Null結合演算子の「??」と「??=」
  • エラーを調査するための、簡素化された動的なエラービューとGet-Errorコマンドレット
  • 暗黙的なWindows PowerShellセッションでモジュールをインポートできる互換性レイヤー
  • 新しいバージョンの自動通知
  • PowerShell 7から直接DSCリソース呼び出し機能を呼び出す機能(実験的)

なおPowerShell 7は、以下のオペレーティングシステムをサポートしています。

  • Windows 7, 8.1, and 10
  • Windows Server 2008 R2, 2012, 2012 R2, 2016, and 2019
  • macOS 10.13+
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS 7+
  • Fedora 29+
  • Debian 9+
  • Ubuntu 16.04+
  • openSUSE 15+
  • Alpine Linux 3.8+
  • ARM32 and ARM64 flavors of Debian and Ubuntu
  • ARM64 Alpine Linux

詳細な情報はリリースノートで確認可能です。

スポンサーリンク