PSDファイルの差分を画像で確認するためのユーティリティ「psdiff」

Diff

PSDファイルをGit/ GitHubで管理しても、差分が確認できず不便に思うことがあります。これは、PSDファイルがバイナリファイルなので、ファイルの変更箇所をdiffツールで表示することができないためです。

psdiff」はこの不便さを改善するためのツール。Git hookとして動作し、commitごとにPSDファイルから画像を生成 (PSD.rbを使ってみるみたい)。画像の差分を表示することで、元のPSDファイルのどこが変更されたか確認できるようになります。

使ってみよう

自分のgitリポジトリ内部で、以下を実行します。PSD.rbを使っているためRubyが必要です。

bash <(curl -sSL https://raw.github.com/filp/psdiff/master/install.sh)

後は、psdファイルを追加してコミットするだけ。

[sora@maroon] $ git add .
[sora@maroon] $ git commit -m "changes"
psdiff: created 1.psd.png
[master 8b203eb] changes
 2 files changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
[sora@maroon] $ ls -l
total 7648
-rw-r--r--  1 sora  staff  3335797  2 24 10:42 1.psd
-rw-r--r--  1 sora  staff   577422  2 24 10:43 1.psd.png

「1.psd」から「1.psd.png」が自動的に作られました。

Changes  8b203eb  src256 psdiffdemo

GitHubにpushすると、画像diffツールで変更点を表示することができます(デモ)。

まとめ

巨大PSDファイルをGitHubにコミットするのは推奨されないため、実験的なコンセプトで位置づけられていますが、おもしろい試みです(GitHubクローンを使って、内部で使うシステムならば問題ないかも)。

PDFファイルの見た目の違いしか確認できない(内部的な変更はわからない)という限界もありますが、PSD.rbの活用例としても興味深いです。

スポンサーリンク