PukiWiki 1.5.2がリリース - 3年ぶりのバージョンアップでPHP 7.3対応や検索機能の強化など新機能多数

S 20190301 203647

PukiWiki開発チームは本日、日本国内で人気の高いWikiエンジンPukiWikiの最新版「PukiWiki 1.5.2」をリリースしました。3年ぶりとなるバージョンアップ版で、現在osdn.jpよりUTF-8/EUCJP版それぞれのパッケージをダウンロードすることができます。

最新版では、PHPの最新安定版である「PHP 7.3」に対応したほか、外部チケットシステムへの自動リンクを可能とする「AutoTicketLink」機能の追加や、シングルサインオンを実現する「SAML認証」認証への対応、非同期化や詳細表示が可能になったテキスト検索機能の強化、ページリダイレクト機能の追加などが行われています。

その他以下のような新機能が追加されています。

  • サイトの更新ログを出力できるようになった
  • 任意のHTTPヘッダを出力する
  • テンプレートリストをJSONで取得する機能
  • パスワードハッシュアルゴリズムのSHA-2対応
  • プレビュー直後のページを移動しようとした時のWarning
  • 編集中にブラウザウィンドウを閉じる/ページを移動する操作に対してWarningを表示する
  • 経過時間をブラウザのJavaScriptで表示する
  • HTTP Refererヘッダを制御する (対応ブラウザのみ)
  • タイトルをtopicpath風に表示 (ページ階層間移動をしやすく)
  • 外部サイトへのリンクをクッションページ経由にすることで、Refererを消す

またpukiwiki.css.phpのpukiwiki.cssへの置き換えや、JavaScriptへの標準対応など細かな変更も多数行われています。詳しくはリリースノート
でご確認ください。

既存のPukiWikiをアップデートする手順はこちらにまとめられています。

Pc タイトル PukiWiki
公式サイト http://pukiwiki.osdn.jp/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/445-pukiwiki
説明 PHPで作られたWikiクローン。

スポンサーリンク