PuTTYや7-ZipをARM64版Windows向けにリコンパイルした勇者あらわる

Windows 10 arm64 story

MicrosoftがQualcommと共同で開発中であると発表されたARM版のWindows 10。もともとモバイル用に開発されているモダンなARM64プロセッサを採用したWindows 10デバイスは、電力を有効に活用することが可能となり、バッテリー持続時間の面で大きな恩恵があると期待されています。

そのような中、Microsoft関連のセキュリティ研究家として知られるLonghorn氏が、ARM64に対応したVisual Studioをいち早く入手し、ARM版Windows 10向けに、いくつかのレガシーアプリケーションをコンパイルすることに成功した、とTwitterでつぶやいていることが判明しました(MSPoweruser)。

コンパイルに成功したのは人気のsshクライアントPuTTYや、定番圧縮解凍ユーティリティ7-Zipという典型的なx86 Windows用のフリーソフトで、実際にコンパイルしたバイナリファイルがフォーラムで公開されているようです。

ARM64版のWindows 10では、エミュレーション技術によってx86版のWindowsアプリが動作するはずですが、ARM64向けにリコンパイルされた実行ファイルを準備することによって、ネイティブにバイナリを実行することが可能となり、パフォーマンスが向上することが期待されます。

スポンサーリンク