Python 3.6正式版がリリース - 非同期処理を含む多数の新機能が追加

S 20161224 104328

Python開発チームは12月23日、スクリプト言語Pythonの最新版「Python 3.6.0」のリリースをアナウンスしました。

現在、リリースノートの下部にあるリンクから、ソースコードやmacOS/Windows用のインストーラーファイル等をダウンロードすることができます。

Python 3.6.0にはメジャーリリースとして以下に挙げる多数の新機能が追加されています。

  • キーワード引数の順番の保持
  • クラス生成のより簡単名カスタマイズ
  • ローカル時間の曖昧性の除去
  • 文字列リテラルのフォーマット
  • 標準ライブラリへシークレットモジュールの追加
  • 数値リテラルのアンダースコア
  • ファイルシステムパスプロトコルの追加
  • クラス属性定義順序の保持
  • CPythonに対しフレーム評価APIの追加
  • Linuxでos.urandom()をブロッキングにする(システム起動時)
  • 非同期的ジェネレータ
  • 変数アノテーションのシンタックス
  • WindowsコンソールエンコーディングをUTF-8に変更
  • WindowsファイルシステムエンコーディングをUTF-8に変更
  • 包括的非同期処理

変更点の詳細はWhat’s New In Python 3.6にも掲載されています。

スポンサーリンク