Python 3.8.0がリリース - 多数の新機能が追加された新バージョン

S 20191015 91337

Python開発プロジェクトは10月14日、Pythonプログラミング言語の新バージョン「Python 3.8.0」をリリースしました(Phoronix)。多数の新機能や最適化を含むメジャーリリースで、現在公式サイトよりソースコードやmacOS/Windows用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

Python 3.7と比較した場合の3.8の新機能は以下の通りです。

  • Assignment Expressions( := 代入演算子)
  • 位置のみの引数
  • Python初期化設定(埋め込みの改良)
  • Vectorcall: CPythonの高速呼び出しプロトコル
  • ランタイム監査フック
  • 帯域外データを使用するPickle protocol 5
  • 型関連: final修飾子、リテラル型、TypedDict
  • コンパイル済みバイトコード用の並列ファイルシステムキャッシュ
  • デバッグビルドはリリースビルドとしてABIを共有
  • f-stringsがデバッグに便利な=指定子をサポート
  • continueがfinally:ブロックで有効に
  • WindowsではデフォルトのasyncioイベントループがProactorEventLoopになった
  • macOSではmultiprocessingでspawn startメソッドがデフォルトで使用されるようになった
  • multiprocessingで共有メモリセグメントを使用して、プロセス間のpicklingコストを回避できるようになった
  • typed_astがCPythonにマージされた
  • LOAD_GLOBALが40%高速化
  • pickleはデフォルトでProtocol 4を使用するようになりパフォーマンスが向上

新機能の詳細はWhat’s New In Python 3.8でも確認可能です。またWindowsやmacOSといったプラットフォームごとの注意事項も掲載されています。

Pc タイトル Python 3
公式サイト https://www.python.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/1965-python
説明 オブジェクト指向スクリプト言語。

スポンサーリンク