QEMU 5.0がリリース

S 20200429 101105

QEMU開発チームは4月28日(現地時間)、オープンソースのエミュレーターソフト「QEMU」の最新版「QEMU 5.0」をリリースしました(Phoronix)。

QEMUはプロセッサだけでなく、機械全体を対象としたエミュレートが可能な仮想マシンソフトウェアで、現在公式サイトより最新版のソースコードをダウンロードすることができます。Macの場合、HomebrewやMacPortsでインストール可能です。

QEMU 5.0では、VirtIO-FSのサポートによるホストとVM間のファイル/フォルダー共有機能の改善や、Bluetoothサポートの一時的な削除、ARMv8アーキテクチャエミューレーションの拡充、Cortex-M7 CPUのサポート、ARMのTPMサポートなど多数の変更が行われています。

その他変更の詳細はChangeLogで確認することができます。

Pc タイトル QEMU
公式サイト http://wiki.qemu.org/Index.html
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2484-qemu
説明 軽量のOSエミュレーター。

スポンサーリンク